ベトナムの文化

なぜ私の国の新年を取り入れるのに24年もかかったのか

私はいつも旧正月と複雑な関係を持っていました。

一方で、伝統的なもので何が一番気に入っているかを考える機会でもありました。ここ10年ほど毎年、新年(ベトナムではテトと呼ばれています。)の朝には私の犬が両親の家の敷居をまたぐ最初の生き物となっていました。

私の両親はいつも犬は幸運をもたらすと考えられていると言っていました。(一方で猫は悪運をもたらすとされています。)そして元日に最初に家の敷居をまたいだ人が、その1年の運を決めるとされています。

私は犬が大好きなので、これは私が特に気にっている伝統で、おそらく私の心に唯一響くものです。しかし、私はいつも休暇では辛い思いをしてきました。

1つ目は、これが国民の休日ではなく、子供の頃は、なぜ1月1日のように祝うのかを全く理解できませんでした。私の両親は学校の重要さについていつもきつく言っており、私に学校関連のことでは何もミスしてほしくないと思っていました。そのため、文化上重要なお祝い事であっても、休むことは難しかったのです。

仮に学校が旧正月を認めたとしても、多くの文化で祝われているにもかかわらず、大抵それは中国の新年と位置付けられていました。私の同級生たちはどのように餃子を作るかを教えられ、ハッピーニューイヤーは”Gung Hay Fat Choy”と言われていました。教師たちが善意で休暇を認めても、ベトナム人にとっては真の意味で会話に参加できていないように感じていました。アジア人は一枚岩だという神話で、みんなどこかは中国人であるのです。

更に、あなたがやんちゃな子供だった頃、新年の最も楽しい部分は”li xi”と呼ばれる、幸運を祈った赤い封筒に入れられた少額のお金を親族からもらえることだったと思います。

しかし私は数年前にカリフォルニアからニューヨークシティーに移り住んで、犬を飼わなくなってからは、旧正月を感じることは少なくなりました。私のベトナム系アメリカ人というアイデンティティも関係しているのかもしれません。

私はこれまでに、私と同じように感じている人々と話してきました。彼らもまた、家族と離れて暮らすようになってからは、文化に触れることが少なくなったと言います。これは、私がベイエリアから引っ越した後北カリフォルニアのスラングである”hella(極端に)”を使うようになったきっかけでもあります。

私の両親は常に私と文化の架け橋となっていました。5歳まではベトナム語しか話せなかったにも関わらず、学校に行き始めると出来るだけ早く英語を理解しなければならなくなり、今私はベトナム語を話すことすら滅多になくなりました。私は両親から約3,000マイル離れたニューヨークシティーに住んでいて、私自身のベトナム人の部分に触れることは難しくなりました。しかし、もしあなたに役立つ部分を見つけたいのなら、アイデンティティと文化には時々向かい合う必要があるのです。

確かに、私は今でも私にとってどのような意味があるのかを理解しています。過去2年間、旧正月を祝う友人と持ち寄りパーティーをしてきました。そしてもちろん、犬がいなければこのお祝いは成立しないので、犬と一緒に祝う方法を探索しています。お祝いの衣装を着せられると思って、犬は嫌がるかもしれませんが。

今年、私は両親が行ってきた伝統を引き継げるのかを理解するため、彼らが私のそばにいなくても、近所のお祝いに参加するつもりです。(私は現在チャイナタウンに住んでいます。)

標準
ベトナムの文化

仏教の特色を持ったベトナム文化

ベトナムに中国とインドから仏教が伝来して以来、国民の伝統と信条と混ざり合い、独特の文化が構築されました。
仏教はベトナムの文化のアイデンティティーを形成しています
仏教は国民の倫理、哲学、文学、建築、彫刻、儀式、絵画などベトナムの文化に重要な貢献をしてきました。
ベトナム仏教僧侶(VBS)傘下のインフォメーション・コミュニケーション・コミッティーによると、ベトナムには15,000以上の仏教関連の施設があるそうです。600近い寺院が史跡、300以上が文化遺産、1,300が史跡と文化遺産、130以上が建築・アートとして承認されています。
ハノイ文化大学(HUC)の文化観光学部長であるDuong Van Sau教授によると、各村やコミュニティーには少なくとも寺院が1つはあるといいます。寺院は、高い山、深い谷、境界線や辺鄙な場所、島、地方の村や都市で見られます。
Huong Tich Caveのワンピラー寺院やフォン寺院、ハノイのNam Thien De Nhat寺院(国で最も神聖な洞窟)、クアンニン省のイエントゥー山脈のドン寺院、ニンビンのバイディン寺院などの多くの寺院は観光地となっていて、国民や地域の建築や精神のシンボルとなっています。
教授はコミュニティにとっての寺院の重要性について強調しました。古い寺院は人々の全てを見てきたのです。地域の文化的な活動は、祭りも含めて寺院の中またはその周辺で行われます。ベトナムには毎年8,000近い伝統的な祭りがあり、その多くが仏教由来のものになっています。
フォン寺院の祭り、イエントゥーの祭り、バイディンの祭りなど、多くの祭りが有名になり何百万もの観光客と仏教徒が参加しています。仏教徒のブラン祭りは仏教徒だけではなく宗教家ではない人々も見守ります。
毎月太陰月の1日から15日にブッダや祖先を信じ崇拝することは、ベトナム人の宗教的かつ文化的特色になったと教授は言います。

仏教はベトナム文化の影響下で局在化されてきました
宗教情勢政府委員会傘下の宗教文化保存センター長であるTran Khanh Du氏は、仏教がベトナムに入ってくる前はベトナムの人々は、国をより良いものにするために主に聖母を崇拝していました。
慎重な選定と容認により、仏教が導入されました。ベトナムの仏教は、中国やインドの一般的な仏教とは少し異なります。彼らは寺院で結婚を祝います。
ベトナムのある地域では、灰や遺体は後の人生の平和を願って寺院へ送られるとDu氏は言います。またベトナムの仏教徒が崇拝するものは、ベトナムの人々の信条や期待に合わせて描かれています。
多くの仏教の神は恐れられるよりも愛されています。文化によって男性としても女性としても描かれているQuan Yinは、聖母崇拝の影響で、ベトナム人には観音として見なされています。
神はベトナムの民話Quan Am Thi Kinh(観音)にも織り交ぜられています。愛と犠牲でベトナムの尼僧であるThi Kinhは悟りの境地に達しました。彼女は高潔、尊厳、自己犠牲の精神でベトナムの女神として崇拝されました。
ブッダ自身は、貧しい人々などに寄り添う優しさで”But”と呼ばれ、ベトナムの民俗文化に入り込んでいます。”But”はフォークソング、チャンツ、おとぎ話にも出てきます。ベトナムの人々は独特のブッダを持っています。陳朝大越の第3代皇帝・陳仁宗は、ベトナム目線の仏教に大きな影響を与えました。
皇帝は15年の在位後、35歳で皇帝の座を譲り、残りの人生をイエントゥー山脈で過ごし、布教活動を行いました。彼はTruc Lam Yen Tuと呼ばれる、伝統的な中国の仏教を最低限移行したベトナムの仏教を確立しました。そして、異なる仏教をTruc Lam Yen Tuに統合するために働きました。
一方、宗教情勢政府委員会傘下のインターナショナル・コーポレーション・デパートメントのDang Tai Tinh前理事は、自分たちのアイデンティティを維持しつつ、海外の文化の影響に対しても前向きであるという寛大さというベトナムの文化を強調しました。
仏教の国から来た多くの海外代表団はベトナムの寺院が仏教の神だけに捧げられてものではないという事実に驚きました。それぞれの寺院に異なる祭壇があり、仏教の神、聖母、国の英雄を崇拝するものがあるのです。
教会と寺院などの異なる宗教の施設が、論争もなく1つの地域に共存しているのです。これはベトナムの仏教のユニークな特徴を反映したもので、ベトナムの宗教に対する自由と調和を表しています。
Tinh氏は、ベトナムの仏教は、祖先の崇拝とベトナム人の経験とうまく融合されていると言います。仏教のブラン祭りは母の日も兼ねていて、子供達は両親(特に母親)に感謝すると同時に、日本のお盆のような側面もあります。またベジタリアン文化と環境に優しい生活に影響を受けたブランベジ祭りも同時に開催されます。

仏教は国民の愛国心を維持しています
VNAのインタビューの中で、VBS総務会の副会長であるThich Thanh Nhieu氏はベトナムにおいて仏教への愛着が定着してきたと言います。植民地時代は宗教の力は弱く、平和と国の成功によって発展してきたようです。国教は李朝(1010-1225)と陳朝(1225-1400)の時代に考えられ、寺院が建てられ改築されるのと同時に多くの王が仏教徒になりました。
さらに彼はベトナムの仏教の愛国心の伝統について強調しました。アメリカとの戦時中、多くの寺院が革命のための基地やシェルターになりました。愛国的な仏教徒は国によって確立され、革命運動にも参加しました。全てのベトナム人と多くの困難を共有し、国の解放のきっかけとなりました。戦争に反対するために焼身自殺したティック・クアン・ドックは1960年代に、南ベトナムの仏教徒の革命を治めたのです。
伝統により、多くの高官、僧侶、尼僧、そして仏教徒が4つの徳のうち上品さを実践しました。多くの高官は国会、ベトナム祖国戦線中央委員会、地方の人民議会、社会政治協会などの政治組織に参加しました。彼らは愛国運動にも参加し、チャリティー活動、貧困の減少、環境保護、気候変動への対応などをしました。
年に1回の追悼会は犠牲になった兵士のための平和を祈るために、コンダオ、フーコック、トロンソン、クアンチ、ディエンビエンなどの国中の多くの共同墓地で開催されます。Thich Thanh Nhieu氏は、VBSは国を解放し守るために亡くなった殉教者に敬意と感謝を表すためのこの行事を鍵となるタスクであると考えていると話しました。
宗教情勢政府委員会の委員長であるBui Huu Duoc氏はVNAの取材の中で、仏教は急速に成長し、仏教徒は約4,000万人になり国民の40%を占めていると言います。
Vietnam Buddhism Shanghaは63の省と市、何百もの地域、コミュニティレベル全てに分会を持っていて、ベトナム人仏教徒協会は世界の11の国にあります。4つの仏教大学、8つのカレッジレベルの訓練プログラム、34の仏教小学校があります。
国は仏教を含む全ての宗教の発展を容易にしてきました。彼らの実践と貢献は評価するに値します。VBSは35周年になる2016年に、ファーストクラスのレイバーオーダー(Labour Order of the Party and State)に認められました。
仏教徒の高官、僧侶、尼僧、そして信者は国と人々に常に寄り添い、ドイモイ政策、建設や保護などに重要な貢献をし、ベトナムのおもてなしの心を世界中に広げています。

標準
ベトナムの文化

ベトナム人女性が外国人男性と出会う時:複雑な事情

ある文化では普通のことが、別の文化では浮気とみなされることがあります。

過去数十年ではあり得なかったことですが、ベトナムの恋愛事情は「見知らぬ人」を受け入れるようになってきました。

私の友人でオーストラリア人のブラッドは独身で、ベトナム語を学ぶためにベトナムへ来ました。彼はベトナム人女性と付き合っていました。

彼の元彼女は海外のベトナム人です。彼女は美しく賢い女性でしたが、彼が「真面目すぎる」という理由でブラッドと別れました。

彼はDungという女性と付き合い、彼女はブラッドが定住する気があるかどうかを尋ねました。その後ブラッドは彼女とはもう会わないことにしました。彼女の質問が不適切であると感じたからです。

彼はその後Hanhと付き合いました。彼女は何も聞きませんでした。彼女は携帯電話で遊ぶのに夢中だったのです。

ブラッドが運が良かったのかどうか、私にはわかりません。ベトナムでは女性を4つの儒教的価値で評価します。仕事、話術、見た目、貞操です。

私はその後Trangという女性を紹介しました。

ベトナムで約1年を過ごした後、ブラッドは今までに出会ったベトナム人女性は2つのタイプに分類できると言いました。1つは、彼が永遠に愛すると約束すれば、カフェでのみデートをする女性です。2つ目は、100ドル払えば一緒に寝てくれる女性です。

ひょっとしたら彼はブイビエンを放浪するバックパッカーだったのかもしれません。でもどんな女性も私の友人を馬鹿にすることは許されません。

ブラッドの問題はマイナーです。ベトナムの問題もあるのです。

ベトナム人女性が外国人男性と付き合うことは、もはや珍しくありません。流行になっています。

歌手や女優が外国人男性と結婚し、可愛いハーフの子供を産むことは、オンラインで多くの注目を集めています。テレビ番組ではベトナム語を話す外国人の夫が紹介され、彼の若くて美しい妻は人気者です。ベトナム人と外国人カップルが手を繋いで歩けば注目の的です。

司法省のデータによると、より多くのベトナム人、特に女性がここ数年外国人と結婚しています。

グローバル化は国境を越えた社交の場を広げてきました。国際結婚はアジアで新たなトレンドとなり、ベトナムでは「外国人男性と結婚する」というのがよく知られたフレーズになりました。

しかし、流行は廃れます。外国人男性を辱めるようなゴシップやニュースもあるのです。

ソーシャルメディアにはたくさんの非公開グループがあり、外国人男性に振られたベトナム人女性が集まり「彼らの嘘を暴く」ために集まっています。一方で外国人男性がベトナム人女性と付き合ったことを後悔するようなグループもあります。

そこに集まる多くのベトナム人女性と外国人男性が、浮気されたと言っています。

ベトナム人女性が外国人男性の最悪な部分として挙げるのが、彼らが複数の女性と同時に付き合うという点です。時として男性と付き合うということは衝動なのです。さらに外国人男性の「罪」は、セックスに対して楽観的であるということです。ベトナム人女性が外国人と付き合う上で、男性が他にも付き合いのある女性がいるといことがわかり、浮気していると予測した時に問題は起きるのです。

「浮気」の定義は、計算された愛の告白から、5つ星リゾートのロマンチックな時間の後の実質的な関係の終わりまで、多岐に渡ります。

一方で外国人男性はお金について不満があるようです。私の国のある男性は、外国人と交際する女性の半数以上が金目当てか、オーストラリア国籍が欲しい人だと言います。しかも、国籍に関しては、女性自身と「いとこ」の分を欲しがりますが、その「いとこ」は女性の本当の彼氏なのです。

昔は多くの人が同じ国の同じコミュニティの人と結婚してきましたが、現在では私たちの選択肢は制限がないのです。

昔は交際は共通の文化水準によって進められてきましたが、現在ではそれは必要ないのです。

もしあなたが英語を話し、インターネットの使い方がわかるなら、全く見知らぬ人と交際したり結婚したりすることはもはや不可能ではないのです。

覚えておくべきことは、文化や考え方は、好みやファッション、技術のようにすぐには変わらないということです。そして、それぞれが太平洋のいたる所出身であることから、文化や考え方が合ったとしても違いがあるのです。これはベトナムに限ったことではなく、グローバル化の影響を受けたどの国でも起こりうることです。

ベトナム人女性が外国人男性とロマンチックな関係を築いている一方で、がっかりするようなことも多くなっています。2年前、ハウザン省の教育当局は「多くのハーフの子供たちが家で喧嘩を見ています。」と言います。この省は、メコンデルタのように国際結婚でよく知られています。

多くのベトナム人女性が外国人男性に騙されていることについては否定はしません。それは外国人男性が女性の罠に引っかかるのと同じだからです。

私が言いたいのは、異文化間での誤解は、国際恋愛の複雑さを認識しない時に起こるということです。

両者ともに自己否定の経験は少なからずあるでしょう。

交際するというのは決して簡単なことではないのです。ベトナム人同士でも、外国人でも、幸せは両者が純粋にお互いのことをよく知るために時間をかけたときにやってきます。

標準
ベトナムの文化

ベトナムで結婚することと婚姻法について

ベトナムにいる間に結婚することをお考えなら、この記事の情報はあなたにとって必要になるでしょう。

ベトナムに住む多くの人々は結婚するという選択をし、それにあたって以下のことに該当しなければなりません。
・男性も女性も、ベトナムの法律下で配偶者がいない。
・両者とも判断ができるだけの精神状態にある。
・女性は18歳以上、男性は20歳以上である。
・第三世代までさかのぼって、血縁関係がない。

以下の人々はベトナムでは結婚することができません。
・里親と里子、継父と義理の娘、継母と義理の息子、継父とその妻の娘、継母とその夫の娘
・同性者同士

民事または宗教的なセレモニー
ベトナムでは、民事でも宗教的なものでもセレモニーをすることが可能です。民事セレモニーはカップルが居住している地域の司法省で行わなければなりません。宗教セレモニーは教会やホテルなどの施設で開催することができます。
以下の書類が必要です。
・記入済みの婚姻届
・独身証明書ー申請者は独身であるか離婚しているか配偶者が死亡していることを証明しなければなりません。(この書類は母国の大使館か領事によって作成されたものでなければなりません。また、婚姻届を提出する日より6ヶ月以上経過しているものは使用できません。)
・診断書ーこの書類はベトナムのどの医者や病院から発行されたものでも構いません。申請者の結婚を妨げるような病気がないことの記載が必要です。婚姻届を提出する日より6ヶ月以上経過しているものは使用できません。)
・身分証明書のコピー(ベトナム人)
・世帯登録証明書か居住登録のコピー(ベトナム人)
・パスポートかレジデントカードー外国人と海外在住のベトナム人
・レジデントカード(テンポラリーか永住)ーベトナムに居住する外国人
・申請料
重要:これらの書類は全てベトナム語で書かれたもので、コピーを2部持っていかなければなりません。居住地域の司法省にこれらの書類を提出することができるのは新郎か新婦、または両者のみです。

司法省の手続き
司法省は民事婚を行うために以下の手続きを行います。これは婚姻届を受け取ってから15営業日かかります。
・申請者の面接ーこれは両申請者の結婚の意志を確認し、関係性について確認する場です。面接は公的に録音され、書類にサインしなければなりません。
・結婚予告の表示ーカップルの結婚予告は居住地域の人民委員会に掲示されます。これは7日間掲示され、カップルが結婚するのにふさわしいかどうかを判断します。もし異議が申し立てられると、司法省に連絡が入ります。
・決定ー書類と費用を受け取ってから25営業日以内に司法省が決定を下します。
・民事婚ー婚姻証明書が地方人民委員会の長によってサインされると、司法省が5営業日以内に民事婚の日程を調整します。

標準
ベトナムの文化

女性代表団がホアビンへの出張へ参加

国会副議長のトン・ティ・フォン氏はは3月8日、女性代表団、外交代表、ベトナムの国際組織とともにホアビンの山岳地帯北部を訪れました。

地方当局とのワーキングセッションで、フォン氏は様々な地域での偉業、特にムオン族の文化の保存と維持について賞賛しました。

彼女は、今年のベトナムの外交活動の幕開けとして、ベトナム議会が最近第26回アジア太平洋議員フォーラムを開催したと言いました。

地方党委員会の秘書であるBui Van Tinh氏はフォン副議長、女性議員団、外交代表と国際組織に対して、3月8日の国際女性デーについて祝いました。

彼は、女性の代表団や議員を通して、更なる投資をうけるためホアビン地域のイメージとポテンシャルが海外の投資家に紹介されることを望むと言いました。

主催者は、地域経済が2017年に9.46%にまで上昇し、一人あたりの平均所得が40,500,000ドン(1,800米ドル)になったと言います。ホアビンでは495のプロジェクトが進行中で、そのうち35が海外からの投資であり、資本登録の合計は500,000,000米ドルになります。

この滞在で代表団は、Ky Son地区にある地域の社会福祉センターを訪問し、プレゼントを渡しました。ここは約200人の孤児たち、高齢者、障害者、精神障害者の家となっています。彼女らは更に、ホアビン水力発電所にあるホーチミン大統領に捧げられたモニュメントのところに木を植え、ホアビン市のムオン文化博物館に記念品を贈呈しました。

標準
ベトナムの文化

テトはベトナム人のカトリック教徒にとって、文化と宗教と伝統の融合です

すべてのものはテト(ベトナムの旧正月)に向けて新しくしなければなりません。
「初日、私たちは新しい服を着ます。」とランカスター州のデューク&リバティー通りにある聖アンナカトリック教会のベトナム人教皇であるJennifer Le氏は言いました。
「私たちは髪型を変えるために午前2時まで待つのです。」と語るのは、聖アンナカトリック教会の牧師Tri Luong氏です。

Le氏はテトを金曜日に始まる「1年で1番盛り上がるお祝い」であると言います。
日曜日の10時15分に、聖アンナが娘(のちの聖母マリア)を抱いた像とベトナム人の聖母ラ・バンの2つの等身大の白い像が教会の庭に捧げられます。この像はベトナムで作られたものです。

Ronald Gainer司教師が10時30分から2ヶ国語のミサを行い、Luong氏が通訳をします。午後からは食事と娯楽のレセプションが行われる予定です。

5歳から20歳の学生による聖餐の青年運動が庭で行われ、サービスの中で案内係として働きます。

ベトナムでは、カトリックはテトを10日間祝います。「仕事も家事もしません。」と27年前19歳の時に美容師としてここへ来たLe氏は言います。「学校も休みです。みんな家にいます。」

Luong氏は、「今はより西洋化されています。しかし過去には誕生日、家族が一緒にいられること、先祖へ敬意を表す祝いをしていました。」と言います。

日曜日のお祝いは2つの伝統を含んでいます。1つ目は”li xi”(幸運のお金)を子供達にあげること、もう1つは大人を祝福することです。

幸運のお金(赤い封筒に入った新札)は年長者が若者に渡すもので、幸運や繁栄を願うものだとLe氏は言います。Gainer氏とLuong氏が封筒を配ります。

Le氏の夫であるChieu Le氏はテトの準備を進めてきました。

「前夜に家の拭き掃除をし、全ての負債を返済し、仕事を終わらせてきました。」と彼は言います。

「そして人々は他人に本当によくしようとします。仮に怒りを感じても、とげとげしいことは言いません。この先1年不幸になりたくないので、みんな外ではいい顔をするのです。」

Chieu Le氏は20人の合唱隊の指導をしており、大人への祝福は、祝いへのチケットに書かれた聖書の韻文であると説明しました。

「彼らは匿名でいたいのです。」とChris Whalen教区長は言います。「彼らは3年かけてそれを完成させたのです。」

司教は教皇の職が設立された3年前にLuong氏を教区に任命しました。

「難民がネットワークを構築する場があるというのはとても重要なことです。」とWhalen氏は説明し、「ベトナム人で教区になった人は誰もいませんでした。」と言いました。

Whalen氏は、全てのベトナム人はこの国へたどり着くまでに驚くような体験をしてきていると言います。

「彼らは感謝の心を持っています。全てを失いましたが、とても明るい人々です。これは本当に素晴らしい結びつきです。」

Chieu Le氏はアメリカ軍の州兵でパイロットとして働いていましたが、退職後はアームストロングワールドインダストリーズの電気系技術者として働き、42年前にこの地へ来ました。

「私は私自身から流れ出たのです。」と彼は言います。「私には指令があり、耐えて乗り越えなければならなかったのですが、それができませんでした。」

彼は、ベトナム戦争における彼の役割をPBSシリーズで回顧しています。

Nyu Anh Phamさんは27年前、21歳の時にここへ来ました。

「私の父は船乗りとしてここへ来ました。」と薬剤師のPhamさんは言います。「彼は私に投資してくれました。私は1人でここへ来て、13年後に母を連れてくることができました。」

Phamさんは合唱隊の副ディレクターをしてます。彼女の母は合唱隊のピアニストです。

Luong氏もまた「船乗り」で、38年前に南ベトナムから逃げて来ました。

「私たちは去れないのです。」と彼は言います。「逃げなければならなかったのです。」

標準