ベトナムの将来

女性や女の子を暴力から守るための様々な取り組み

先月、ハノイのベトナム人女性が外国人の元交際相手に襲撃されガソリンをかけられて火をつけられるという事件がありました。女性は重症で、その火傷は命に関わると伝えられています。この衝撃的なニュースは問題の普遍性の思い起こさせました。それは、性に基づく暴力には安全な場所がないということです。世界中で起こっている#MeTooの動きは、性虐待や暴力の横行を強調しています。

このケースは極端な例かもしれませんが、女性に対する暴力があまりにもありふれているということを再確認するきっかけとなりました。2010年の国の調査では、既婚女性の3人に2人が今までに暴力を受けたことがあると言います。被害者のうちおおよそ50%が暴力を受けたことを内緒にしており、87%は公共サービスに助けを求めたことがないそうです。さらに、最近の小規模調査では、ベトナムで横行している女性に対する暴力が様々な形になっていて、若者の交際関係でも起きているようです。

このような暴力は性の不公平性、区別、有害な文化的・社会的規範に深く根付いていて、女性平等の大きな壁の一つとなっています。上記のケースは、被害者、家族、コミュニティにひどい傷を残しました。根本的な力の差を認識することは、暴力を終わらせるためには重要なのです。要するに、性に基づく暴力は避けられないものではなく、私たちはどんな暴力も我慢してはならないのです。

ベトナムや多くの国々は、実施は難しいにも関わらず、女性や女子への暴力に関する法律を定めています。暴力から逃れてきた人のためのサービスがあっても、実際に被害者が必要としているサービスを提供できているところは稀です。「レイプの裁判:タイとベトナムの性暴力に対する刑事司法制度を理解する(原題: Trial of Rape: Understanding the criminal justice system response to sexual violence in Thailand and Viet Nam)」や「女性の司法認識の研究:暴力を受けた女性による刑事裁判の利用について(原題: Women’s Justice Perception Study: Access to criminal justice by women subjected to violence)」などの国連の最近の研究には、被害者たちが守られてると感じたり、司法の判断によって矯正されているとは感じないようです。

これらのギャップに対し、ベトナムの国連は、世界共通のプログラムである暴力を受けた女性と女子のためのエッセンシャル・サービスを、ベトナム政府とともに昨年の11月に新たなプログラムとして着手しました。このプログラムは全体論や暴力被害者の権利を守るための多面的なメカニズムの発展、安全性を最優先させるための技術的な補助を導入しました。また、利用者目線で、健康、司法、警察の質と平等を見直し、社会授業を発展させました。同時に、加害者に対する司法の判断をより明確なものにし、女性や女子への暴力があってはならないというメッセージを強く持った判断になってきています。

良いニュースは、女性に対する暴力への必要なサービスはそこまでコストがかからないということです。一方で、2013年の国連ウィメンによる研究によると、女性への暴力の結果、全体的な生産性の低下や支出と失われた所得の合計はベトナムのGDPの3.2%にもなると言われています。

国連ウィメンとUNFPAはベトナムと協力し、女性に対する暴力を一切なくすための法と条例の整備に取り組んでいます。どの暴力事件も、あまりに多い事件の1つなのです。どの事件も、より多くの対応が必要であるということを思い知らせてくれます。持続可能な開発のための2030アジェンダに則して、私たちは誰も暴力の恐怖にさらされていない世界の実現に向けて努力しなければならないのです。

標準
ベトナムの文化

ベトナム人女性が外国人男性と出会う時:複雑な事情

ある文化では普通のことが、別の文化では浮気とみなされることがあります。

過去数十年ではあり得なかったことですが、ベトナムの恋愛事情は「見知らぬ人」を受け入れるようになってきました。

私の友人でオーストラリア人のブラッドは独身で、ベトナム語を学ぶためにベトナムへ来ました。彼はベトナム人女性と付き合っていました。

彼の元彼女は海外のベトナム人です。彼女は美しく賢い女性でしたが、彼が「真面目すぎる」という理由でブラッドと別れました。

彼はDungという女性と付き合い、彼女はブラッドが定住する気があるかどうかを尋ねました。その後ブラッドは彼女とはもう会わないことにしました。彼女の質問が不適切であると感じたからです。

彼はその後Hanhと付き合いました。彼女は何も聞きませんでした。彼女は携帯電話で遊ぶのに夢中だったのです。

ブラッドが運が良かったのかどうか、私にはわかりません。ベトナムでは女性を4つの儒教的価値で評価します。仕事、話術、見た目、貞操です。

私はその後Trangという女性を紹介しました。

ベトナムで約1年を過ごした後、ブラッドは今までに出会ったベトナム人女性は2つのタイプに分類できると言いました。1つは、彼が永遠に愛すると約束すれば、カフェでのみデートをする女性です。2つ目は、100ドル払えば一緒に寝てくれる女性です。

ひょっとしたら彼はブイビエンを放浪するバックパッカーだったのかもしれません。でもどんな女性も私の友人を馬鹿にすることは許されません。

ブラッドの問題はマイナーです。ベトナムの問題もあるのです。

ベトナム人女性が外国人男性と付き合うことは、もはや珍しくありません。流行になっています。

歌手や女優が外国人男性と結婚し、可愛いハーフの子供を産むことは、オンラインで多くの注目を集めています。テレビ番組ではベトナム語を話す外国人の夫が紹介され、彼の若くて美しい妻は人気者です。ベトナム人と外国人カップルが手を繋いで歩けば注目の的です。

司法省のデータによると、より多くのベトナム人、特に女性がここ数年外国人と結婚しています。

グローバル化は国境を越えた社交の場を広げてきました。国際結婚はアジアで新たなトレンドとなり、ベトナムでは「外国人男性と結婚する」というのがよく知られたフレーズになりました。

しかし、流行は廃れます。外国人男性を辱めるようなゴシップやニュースもあるのです。

ソーシャルメディアにはたくさんの非公開グループがあり、外国人男性に振られたベトナム人女性が集まり「彼らの嘘を暴く」ために集まっています。一方で外国人男性がベトナム人女性と付き合ったことを後悔するようなグループもあります。

そこに集まる多くのベトナム人女性と外国人男性が、浮気されたと言っています。

ベトナム人女性が外国人男性の最悪な部分として挙げるのが、彼らが複数の女性と同時に付き合うという点です。時として男性と付き合うということは衝動なのです。さらに外国人男性の「罪」は、セックスに対して楽観的であるということです。ベトナム人女性が外国人と付き合う上で、男性が他にも付き合いのある女性がいるといことがわかり、浮気していると予測した時に問題は起きるのです。

「浮気」の定義は、計算された愛の告白から、5つ星リゾートのロマンチックな時間の後の実質的な関係の終わりまで、多岐に渡ります。

一方で外国人男性はお金について不満があるようです。私の国のある男性は、外国人と交際する女性の半数以上が金目当てか、オーストラリア国籍が欲しい人だと言います。しかも、国籍に関しては、女性自身と「いとこ」の分を欲しがりますが、その「いとこ」は女性の本当の彼氏なのです。

昔は多くの人が同じ国の同じコミュニティの人と結婚してきましたが、現在では私たちの選択肢は制限がないのです。

昔は交際は共通の文化水準によって進められてきましたが、現在ではそれは必要ないのです。

もしあなたが英語を話し、インターネットの使い方がわかるなら、全く見知らぬ人と交際したり結婚したりすることはもはや不可能ではないのです。

覚えておくべきことは、文化や考え方は、好みやファッション、技術のようにすぐには変わらないということです。そして、それぞれが太平洋のいたる所出身であることから、文化や考え方が合ったとしても違いがあるのです。これはベトナムに限ったことではなく、グローバル化の影響を受けたどの国でも起こりうることです。

ベトナム人女性が外国人男性とロマンチックな関係を築いている一方で、がっかりするようなことも多くなっています。2年前、ハウザン省の教育当局は「多くのハーフの子供たちが家で喧嘩を見ています。」と言います。この省は、メコンデルタのように国際結婚でよく知られています。

多くのベトナム人女性が外国人男性に騙されていることについては否定はしません。それは外国人男性が女性の罠に引っかかるのと同じだからです。

私が言いたいのは、異文化間での誤解は、国際恋愛の複雑さを認識しない時に起こるということです。

両者ともに自己否定の経験は少なからずあるでしょう。

交際するというのは決して簡単なことではないのです。ベトナム人同士でも、外国人でも、幸せは両者が純粋にお互いのことをよく知るために時間をかけたときにやってきます。

標準
近隣国について

インドが働く女性の移住先としてアジアのトップ7にランクイン

インドが働く女性にとっての移住先としてアジアの国のトップ7にランクインしました。調査によると、これは国の成長や投資面からのことだということです。
HSBCの調査では、シンガポール、香港、韓国、日本、中国、マレーシアが働く女性の移住先としてインドより上位にランクインした国々です。

「女性の移住者は国際的な労働力強化において、新しいエネルギーをもたらしてくれます。地元を離れて生活することには、新たな文化やライフスタイルに溶け込むこと、財政面の管理、地元の家族や友人たちと繋がり続けることなど、無数の利益と挑戦があります。」とHSBCアジア太平洋のプレミア&ウェルス担当者のMark Surgenor氏は言います。

調査はインドを含む159の国々の27,587人の移住者を対象に、2017年3月から4月の間にオンラインのアンケートで行われました。

しかし、よりよいキャリア形成を望むのであれば、73%の女性移住者が中国を選び、トップにランクインしています。香港は64%、インドは62%、シンガポールは60%、インドネシアは52%という結果になっています。

香港は新たなスキルを習得する上ではベストな国であることが判明し、62%の女性移住者が選択しています。僅差でシンガポールで61%、中国は47%、台湾は44%、ベトナムは43%となっています。

調査では、シンガポールは収入を期待する上でベストな国であることがわかり、71%の女性移住者がこの国を選んでいます。次いで香港は55%、中国は45%、韓国は44%、ベトナムは42%となっています。

女性移住者が労働面や生活面が良いとしているトップ5のアジアの国々はタイ(62%)、ベトナム(58%)、シンガポールと台湾(ともに49%)、インドネシア(44%)、マレーシア(42%)です。

仕事の安全性の面では、女性移住者にとっては日本と台湾(50%)がベストな場所であるということが調査で判明しました。次いでシンガポール(49%)、香港(47%)、インド(45%)、中国(41%)の順です。

女性移住者にとって働く文化が合う国としてはシンガポール(51%)、香港(44%)、ベトナム(43%)、インドネシア(39%)、中国(36%)が上位にランクインしています。

女性移住者で仕事で個人の満足感を期待する人にとっては、シンガポール(56%)、中国(48%)、インド(48%)、香港(47%)、インドネシア(41%)がアジアの国々でトップになっています。

標準
ベトナムの文化

女性代表団がホアビンへの出張へ参加

国会副議長のトン・ティ・フォン氏はは3月8日、女性代表団、外交代表、ベトナムの国際組織とともにホアビンの山岳地帯北部を訪れました。

地方当局とのワーキングセッションで、フォン氏は様々な地域での偉業、特にムオン族の文化の保存と維持について賞賛しました。

彼女は、今年のベトナムの外交活動の幕開けとして、ベトナム議会が最近第26回アジア太平洋議員フォーラムを開催したと言いました。

地方党委員会の秘書であるBui Van Tinh氏はフォン副議長、女性議員団、外交代表と国際組織に対して、3月8日の国際女性デーについて祝いました。

彼は、女性の代表団や議員を通して、更なる投資をうけるためホアビン地域のイメージとポテンシャルが海外の投資家に紹介されることを望むと言いました。

主催者は、地域経済が2017年に9.46%にまで上昇し、一人あたりの平均所得が40,500,000ドン(1,800米ドル)になったと言います。ホアビンでは495のプロジェクトが進行中で、そのうち35が海外からの投資であり、資本登録の合計は500,000,000米ドルになります。

この滞在で代表団は、Ky Son地区にある地域の社会福祉センターを訪問し、プレゼントを渡しました。ここは約200人の孤児たち、高齢者、障害者、精神障害者の家となっています。彼女らは更に、ホアビン水力発電所にあるホーチミン大統領に捧げられたモニュメントのところに木を植え、ホアビン市のムオン文化博物館に記念品を贈呈しました。

標準