ベトナムの文化

なぜ私の国の新年を取り入れるのに24年もかかったのか

私はいつも旧正月と複雑な関係を持っていました。

一方で、伝統的なもので何が一番気に入っているかを考える機会でもありました。ここ10年ほど毎年、新年(ベトナムではテトと呼ばれています。)の朝には私の犬が両親の家の敷居をまたぐ最初の生き物となっていました。

私の両親はいつも犬は幸運をもたらすと考えられていると言っていました。(一方で猫は悪運をもたらすとされています。)そして元日に最初に家の敷居をまたいだ人が、その1年の運を決めるとされています。

私は犬が大好きなので、これは私が特に気にっている伝統で、おそらく私の心に唯一響くものです。しかし、私はいつも休暇では辛い思いをしてきました。

1つ目は、これが国民の休日ではなく、子供の頃は、なぜ1月1日のように祝うのかを全く理解できませんでした。私の両親は学校の重要さについていつもきつく言っており、私に学校関連のことでは何もミスしてほしくないと思っていました。そのため、文化上重要なお祝い事であっても、休むことは難しかったのです。

仮に学校が旧正月を認めたとしても、多くの文化で祝われているにもかかわらず、大抵それは中国の新年と位置付けられていました。私の同級生たちはどのように餃子を作るかを教えられ、ハッピーニューイヤーは”Gung Hay Fat Choy”と言われていました。教師たちが善意で休暇を認めても、ベトナム人にとっては真の意味で会話に参加できていないように感じていました。アジア人は一枚岩だという神話で、みんなどこかは中国人であるのです。

更に、あなたがやんちゃな子供だった頃、新年の最も楽しい部分は”li xi”と呼ばれる、幸運を祈った赤い封筒に入れられた少額のお金を親族からもらえることだったと思います。

しかし私は数年前にカリフォルニアからニューヨークシティーに移り住んで、犬を飼わなくなってからは、旧正月を感じることは少なくなりました。私のベトナム系アメリカ人というアイデンティティも関係しているのかもしれません。

私はこれまでに、私と同じように感じている人々と話してきました。彼らもまた、家族と離れて暮らすようになってからは、文化に触れることが少なくなったと言います。これは、私がベイエリアから引っ越した後北カリフォルニアのスラングである”hella(極端に)”を使うようになったきっかけでもあります。

私の両親は常に私と文化の架け橋となっていました。5歳まではベトナム語しか話せなかったにも関わらず、学校に行き始めると出来るだけ早く英語を理解しなければならなくなり、今私はベトナム語を話すことすら滅多になくなりました。私は両親から約3,000マイル離れたニューヨークシティーに住んでいて、私自身のベトナム人の部分に触れることは難しくなりました。しかし、もしあなたに役立つ部分を見つけたいのなら、アイデンティティと文化には時々向かい合う必要があるのです。

確かに、私は今でも私にとってどのような意味があるのかを理解しています。過去2年間、旧正月を祝う友人と持ち寄りパーティーをしてきました。そしてもちろん、犬がいなければこのお祝いは成立しないので、犬と一緒に祝う方法を探索しています。お祝いの衣装を着せられると思って、犬は嫌がるかもしれませんが。

今年、私は両親が行ってきた伝統を引き継げるのかを理解するため、彼らが私のそばにいなくても、近所のお祝いに参加するつもりです。(私は現在チャイナタウンに住んでいます。)

標準
ベトナムの将来

会議ではインダストリー4.0の学生を訓練するための努力が必要であるとしています

ホーチミン市で行われた2日間の会議で、第4次産業革命の成功のために、既存の労働力強化と中等学校や大学を卒業する次世代への準備として産業、学術研究機関、政府の協力が必要とされているとしました。

第4次産業革命またはインダストリー4.0は製造業における自動化やデータのやり取りなどについて言及しており、18世紀から提唱されているものです。

「インダストリー4.0&STEM(STEMCON): 人々は成功と競合性の鍵となる」と題された会議は木曜日にホーチミン市で開催され、代表者は協力することが学生を訓練する上で助けになると話しました。

企業は機械や器具を大学に提供することができ、オープンラボを学生のために作ることができるとしています。

会議の主催者はグローバルマーケットはインダストリー4.0がリーダーシップ、専門性、テクニカルスキル、労働環境や文化、雇用、新規と既存の労働力のトレーニングにおいて莫大な移行が必要となると認識していると話しました。

「今日すでに、急速な低賃金労働が自動化への失敗へ繋がり、伝統的な製造業は変化や後任が必要な事態になっています。これはプログラミング、データ解析、人工知能、機械学習、ロボット工学、システム統合、サイバーセキュリティー、ソフトウェア開発などの面で新たな技術や能力を必要としています。」

ファーストソーラーベトナムの専務取締役であるSee Chong Chan氏は大学が学生に対してこれらのスキルを向上させ続けるべきだと話します。

新卒者はこれらのスキルに乏しく、協力して働くことの重要さを理解していないと彼は言います。

大学は海外の優秀な人材を誘致し、特定の分野や協力体制を築けるプログラマーを養成するための専門的なアドバイスを仰ぐべきだと彼は加えました。

シーメンス・ベトナム社のPhạm Thái Lai社長兼CEOは学生は産業で広く使われている人工知能の全てを習得するために訓練されるべきだとしています。

ホーチミン市工科大学のVũ Đình Thành学長は、この国の大学は施設不足のインダストリー4.0に適応するため、学生を訓練するという挑戦に直面していると言います。

さらに、訓練のために企業と協力することはとても重要であると付け加えました。

他の代表者は学生はテクノロジーやデータ分析をマスターするために訓練されるべきだとしています。

アメリカのアリゾナ州立大学とベトナム国家大学ホーチミン市校によって主催された会議は2日間に渡る本会議と技術セッション、パネルディスカッション、セミナーや展示が行われました。

標準