ベトナムの文化

ベトナムで結婚することと婚姻法について

ベトナムにいる間に結婚することをお考えなら、この記事の情報はあなたにとって必要になるでしょう。

ベトナムに住む多くの人々は結婚するという選択をし、それにあたって以下のことに該当しなければなりません。
・男性も女性も、ベトナムの法律下で配偶者がいない。
・両者とも判断ができるだけの精神状態にある。
・女性は18歳以上、男性は20歳以上である。
・第三世代までさかのぼって、血縁関係がない。

以下の人々はベトナムでは結婚することができません。
・里親と里子、継父と義理の娘、継母と義理の息子、継父とその妻の娘、継母とその夫の娘
・同性者同士

民事または宗教的なセレモニー
ベトナムでは、民事でも宗教的なものでもセレモニーをすることが可能です。民事セレモニーはカップルが居住している地域の司法省で行わなければなりません。宗教セレモニーは教会やホテルなどの施設で開催することができます。
以下の書類が必要です。
・記入済みの婚姻届
・独身証明書ー申請者は独身であるか離婚しているか配偶者が死亡していることを証明しなければなりません。(この書類は母国の大使館か領事によって作成されたものでなければなりません。また、婚姻届を提出する日より6ヶ月以上経過しているものは使用できません。)
・診断書ーこの書類はベトナムのどの医者や病院から発行されたものでも構いません。申請者の結婚を妨げるような病気がないことの記載が必要です。婚姻届を提出する日より6ヶ月以上経過しているものは使用できません。)
・身分証明書のコピー(ベトナム人)
・世帯登録証明書か居住登録のコピー(ベトナム人)
・パスポートかレジデントカードー外国人と海外在住のベトナム人
・レジデントカード(テンポラリーか永住)ーベトナムに居住する外国人
・申請料
重要:これらの書類は全てベトナム語で書かれたもので、コピーを2部持っていかなければなりません。居住地域の司法省にこれらの書類を提出することができるのは新郎か新婦、または両者のみです。

司法省の手続き
司法省は民事婚を行うために以下の手続きを行います。これは婚姻届を受け取ってから15営業日かかります。
・申請者の面接ーこれは両申請者の結婚の意志を確認し、関係性について確認する場です。面接は公的に録音され、書類にサインしなければなりません。
・結婚予告の表示ーカップルの結婚予告は居住地域の人民委員会に掲示されます。これは7日間掲示され、カップルが結婚するのにふさわしいかどうかを判断します。もし異議が申し立てられると、司法省に連絡が入ります。
・決定ー書類と費用を受け取ってから25営業日以内に司法省が決定を下します。
・民事婚ー婚姻証明書が地方人民委員会の長によってサインされると、司法省が5営業日以内に民事婚の日程を調整します。

標準
ベトナムの文化

女性代表団がホアビンへの出張へ参加

国会副議長のトン・ティ・フォン氏はは3月8日、女性代表団、外交代表、ベトナムの国際組織とともにホアビンの山岳地帯北部を訪れました。

地方当局とのワーキングセッションで、フォン氏は様々な地域での偉業、特にムオン族の文化の保存と維持について賞賛しました。

彼女は、今年のベトナムの外交活動の幕開けとして、ベトナム議会が最近第26回アジア太平洋議員フォーラムを開催したと言いました。

地方党委員会の秘書であるBui Van Tinh氏はフォン副議長、女性議員団、外交代表と国際組織に対して、3月8日の国際女性デーについて祝いました。

彼は、女性の代表団や議員を通して、更なる投資をうけるためホアビン地域のイメージとポテンシャルが海外の投資家に紹介されることを望むと言いました。

主催者は、地域経済が2017年に9.46%にまで上昇し、一人あたりの平均所得が40,500,000ドン(1,800米ドル)になったと言います。ホアビンでは495のプロジェクトが進行中で、そのうち35が海外からの投資であり、資本登録の合計は500,000,000米ドルになります。

この滞在で代表団は、Ky Son地区にある地域の社会福祉センターを訪問し、プレゼントを渡しました。ここは約200人の孤児たち、高齢者、障害者、精神障害者の家となっています。彼女らは更に、ホアビン水力発電所にあるホーチミン大統領に捧げられたモニュメントのところに木を植え、ホアビン市のムオン文化博物館に記念品を贈呈しました。

標準
ベトナムの将来

会議ではインダストリー4.0の学生を訓練するための努力が必要であるとしています

ホーチミン市で行われた2日間の会議で、第4次産業革命の成功のために、既存の労働力強化と中等学校や大学を卒業する次世代への準備として産業、学術研究機関、政府の協力が必要とされているとしました。

第4次産業革命またはインダストリー4.0は製造業における自動化やデータのやり取りなどについて言及しており、18世紀から提唱されているものです。

「インダストリー4.0&STEM(STEMCON): 人々は成功と競合性の鍵となる」と題された会議は木曜日にホーチミン市で開催され、代表者は協力することが学生を訓練する上で助けになると話しました。

企業は機械や器具を大学に提供することができ、オープンラボを学生のために作ることができるとしています。

会議の主催者はグローバルマーケットはインダストリー4.0がリーダーシップ、専門性、テクニカルスキル、労働環境や文化、雇用、新規と既存の労働力のトレーニングにおいて莫大な移行が必要となると認識していると話しました。

「今日すでに、急速な低賃金労働が自動化への失敗へ繋がり、伝統的な製造業は変化や後任が必要な事態になっています。これはプログラミング、データ解析、人工知能、機械学習、ロボット工学、システム統合、サイバーセキュリティー、ソフトウェア開発などの面で新たな技術や能力を必要としています。」

ファーストソーラーベトナムの専務取締役であるSee Chong Chan氏は大学が学生に対してこれらのスキルを向上させ続けるべきだと話します。

新卒者はこれらのスキルに乏しく、協力して働くことの重要さを理解していないと彼は言います。

大学は海外の優秀な人材を誘致し、特定の分野や協力体制を築けるプログラマーを養成するための専門的なアドバイスを仰ぐべきだと彼は加えました。

シーメンス・ベトナム社のPhạm Thái Lai社長兼CEOは学生は産業で広く使われている人工知能の全てを習得するために訓練されるべきだとしています。

ホーチミン市工科大学のVũ Đình Thành学長は、この国の大学は施設不足のインダストリー4.0に適応するため、学生を訓練するという挑戦に直面していると言います。

さらに、訓練のために企業と協力することはとても重要であると付け加えました。

他の代表者は学生はテクノロジーやデータ分析をマスターするために訓練されるべきだとしています。

アメリカのアリゾナ州立大学とベトナム国家大学ホーチミン市校によって主催された会議は2日間に渡る本会議と技術セッション、パネルディスカッション、セミナーや展示が行われました。

標準
ベトナムの文化

テトはベトナム人のカトリック教徒にとって、文化と宗教と伝統の融合です

すべてのものはテト(ベトナムの旧正月)に向けて新しくしなければなりません。
「初日、私たちは新しい服を着ます。」とランカスター州のデューク&リバティー通りにある聖アンナカトリック教会のベトナム人教皇であるJennifer Le氏は言いました。
「私たちは髪型を変えるために午前2時まで待つのです。」と語るのは、聖アンナカトリック教会の牧師Tri Luong氏です。

Le氏はテトを金曜日に始まる「1年で1番盛り上がるお祝い」であると言います。
日曜日の10時15分に、聖アンナが娘(のちの聖母マリア)を抱いた像とベトナム人の聖母ラ・バンの2つの等身大の白い像が教会の庭に捧げられます。この像はベトナムで作られたものです。

Ronald Gainer司教師が10時30分から2ヶ国語のミサを行い、Luong氏が通訳をします。午後からは食事と娯楽のレセプションが行われる予定です。

5歳から20歳の学生による聖餐の青年運動が庭で行われ、サービスの中で案内係として働きます。

ベトナムでは、カトリックはテトを10日間祝います。「仕事も家事もしません。」と27年前19歳の時に美容師としてここへ来たLe氏は言います。「学校も休みです。みんな家にいます。」

Luong氏は、「今はより西洋化されています。しかし過去には誕生日、家族が一緒にいられること、先祖へ敬意を表す祝いをしていました。」と言います。

日曜日のお祝いは2つの伝統を含んでいます。1つ目は”li xi”(幸運のお金)を子供達にあげること、もう1つは大人を祝福することです。

幸運のお金(赤い封筒に入った新札)は年長者が若者に渡すもので、幸運や繁栄を願うものだとLe氏は言います。Gainer氏とLuong氏が封筒を配ります。

Le氏の夫であるChieu Le氏はテトの準備を進めてきました。

「前夜に家の拭き掃除をし、全ての負債を返済し、仕事を終わらせてきました。」と彼は言います。

「そして人々は他人に本当によくしようとします。仮に怒りを感じても、とげとげしいことは言いません。この先1年不幸になりたくないので、みんな外ではいい顔をするのです。」

Chieu Le氏は20人の合唱隊の指導をしており、大人への祝福は、祝いへのチケットに書かれた聖書の韻文であると説明しました。

「彼らは匿名でいたいのです。」とChris Whalen教区長は言います。「彼らは3年かけてそれを完成させたのです。」

司教は教皇の職が設立された3年前にLuong氏を教区に任命しました。

「難民がネットワークを構築する場があるというのはとても重要なことです。」とWhalen氏は説明し、「ベトナム人で教区になった人は誰もいませんでした。」と言いました。

Whalen氏は、全てのベトナム人はこの国へたどり着くまでに驚くような体験をしてきていると言います。

「彼らは感謝の心を持っています。全てを失いましたが、とても明るい人々です。これは本当に素晴らしい結びつきです。」

Chieu Le氏はアメリカ軍の州兵でパイロットとして働いていましたが、退職後はアームストロングワールドインダストリーズの電気系技術者として働き、42年前にこの地へ来ました。

「私は私自身から流れ出たのです。」と彼は言います。「私には指令があり、耐えて乗り越えなければならなかったのですが、それができませんでした。」

彼は、ベトナム戦争における彼の役割をPBSシリーズで回顧しています。

Nyu Anh Phamさんは27年前、21歳の時にここへ来ました。

「私の父は船乗りとしてここへ来ました。」と薬剤師のPhamさんは言います。「彼は私に投資してくれました。私は1人でここへ来て、13年後に母を連れてくることができました。」

Phamさんは合唱隊の副ディレクターをしてます。彼女の母は合唱隊のピアニストです。

Luong氏もまた「船乗り」で、38年前に南ベトナムから逃げて来ました。

「私たちは去れないのです。」と彼は言います。「逃げなければならなかったのです。」

標準
ベトナムの仕事

ベトナムに移住するべき8の理由

ここ数十年、海外へ移住したり、移住を考える人々が劇的に増えています。もしあなたがアジアの国に移り住み、働きたいと思っているのなら、ベトナムは最高の場所であると言えます。以下の理由で、あなたはよりベトナムに移住したくなるでしょう。

仕事の機会
明らかに、世界経済におけるアジアの重要さは高まっています。そしてベトナムの持続的な経済成長は何百万という新たな仕事を生み出しています。事実、世界の多くの場所で雇用がないことが問題になっていますが、ベトナムは特に外国人の求人で溢れています。需要のある分野は、教育、財政、銀行、ITで、英語さえわかれば言葉の壁は関係ありません。

比較的高い給与水準
HSBC Expat Explorer調査の第七版によると、もし6桁の給料を得たいのなら、アジアへ行くことを推奨しています。その調査では、世界で250,000ドル以上を稼いでいるのは7%ですが、ベトナムへの移住者は15%ととなっています。さらに、ベトナムへの移住者の75%が可処分所得の高さに満足しているようです。良い給料は、あなたの仕事の魅力を高めます。

安い金額で余裕のある暮らし
世界のあらゆる場所と比べても物価が安いことから、移住者はそこまで金額をかけなくても、快適な暮らしができます。どの予算にも合うような、都心にある家具家電完備の贅沢なアパートメントから、郊外の質素な家まで、様々です。また、西洋の料理を安く食べることができます。HSBC Expat Explorer調査によると、移住者の49%が地域のレストラン、映画館、音楽バーなどの夜の娯楽に費やすお金が少ないと言います。世界の平均は23%なので、安いことがわかります。これらの理由から、ベトナムは世界でもコストパフォーマンスの良い国となっているのです。

文化の面白さ
移住者の64%が、ベトナムは住むにあたって文化的に魅力のある国であると回答しています。なぜなら、ベトナムの文化を体験することも、お金をかけずにできるからです。
ベトナムは印象的で特色のある文化を持っています。食事もバラエティに富んでいて、テトやそのほかの休日は特別な料理を堪能することができます。また「ストリートカルチャー」があり、食事や飲み物の屋台をいたる所で見つけることができます。人々は時に歩道に座り、食事や持ち帰りのコーヒーを持ち寄って会話を楽しみます。
旧正月、中秋などベトナムには年中たくさんのお祭りがあり、様々な催しがあります。ベトナムの人々は急速に発展した都市にもかかわらず習慣を大切にし、伝統的な村では陶器類や絨毯などを作り、民族市場は貿易のためだけではなく、文化や歴史の価値をプレゼントする場にもなっています。また、ここでは紹介しきれない様々な文化があります。

ベトナム人の性格
悲惨な歴史を経験し近年急速に変化してきたにも関わらず、ベトナム人は外国人に対して未だにおもてなしの心と寛大さを持っています。また、賢く、勤勉で、困難な状況を乗り越えてきたことから、より専門的で良い仕事ができるのです。彼らは純粋ですが、順応性があり、熱心で、物事を前向きに考え、楽観的です。ぜひ彼らと関わってみてください。

安全性
近隣国と比べて、ベトナムはその地形から住むにも働くにも安全であると言われています。自然災害はほぼありません。地震や津波、火山がないのです。政治的にも社会的にも比較的安定しています。ベトナムで政治的な混乱に巻き込まれることはまずないでしょう。さらに、犯罪率は低く、あなたが必要最低限の用心をしていれば、小さな犯罪は問題にならないでしょう。

良好な気候
ベトナムは北部、南部、中央で気候が異なり、常にどこかは良好な天候です。北部で生活すれば、四季を感じることができ、南部は雨季と乾季のみです。しかし、もしあなたが1年中温暖な気候を好むのなら、ベトナムはぴったりの場所です。

素晴らしい景色と歴史的な場所
ベトナムには多くの魅力的な観光地があります。晴れた海岸が好きですか?ベトナムには、ニャチャン、ムイネー、フークオック、ミーケなど、数えきれないほどの美しいビーチがあります。もし湖や小川がある綺麗で涼しい高地に行きたいのなら、ダラット、サパ、ムーカンチャイ、モックチャウなどに行ってみてください。ベトナムの文化や歴史や人々について学びたい方は、メコンデルタ、フエ、ホイアンまたはホーチミン市の歴史博物館に行ってみてください。さらに、フォンニャ=ケバン国立公園、ハロン湾、ファンシーパン山はその美しさが世界的にも認められています。いずれにせよ、休暇や休日にどこへ行くかの心配をする必要は全くありません。

標準